キャッシング審査の落とし穴

金融会社に借り入れを申し込むときは、急な出費に困っているケースがほとんどです。

ですから、1社の金融会社への借り入れ申し込みでは不安になってしまい、2社、3社と申し込みを増やしてしまいがちになりますが、これはキャッシング審査の落とし穴になってしまう行為です。

借り入れの申し込みを受けた金融会社は、申込者の情報を、信用情報機関に照会します。

ここで得る情報は、他社からの借入金額、借り入れ件数、過去の金融事故の有無(自己破産、任意整理、支払遅延)などですが、何年何月何日に、申込者がどの金融会社に借り入れをしたか、という情報も知ることになります。

もし、何社もの金融会社に同時申し込みをしていると、審査担当者によっては「お金に困っている申込者」と判断し、将来的には返済不能になってしまうリスクを考えることが多いようです。

このように、一度に複数の金融会社に申し込むことを「申込みブラック」と呼んでいるようです。

一刻でも早くお金を借りたい、そのため何社もの金融会社に融資申し込みをしたいという気持ちは当たり前の気持ちとも思えますが、審査に通過する確率を少しでも上げるためにも、こうした申込みブラックにならないように注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です